★更に買うとしたら、こんなのが欲しい。★

 2006年に単車維持のための健康管理で自転車も再開しました。すると、、、時間が足らなくなりました。最近は休日は自転車メインとなっています。実際、自転車は現時点で9台、単車も9台、、乗る時間がありません。で、乗る頻度が少なく拘り度が低い乗り物を減車することになりました。

 自転車もサイズの合わないスポルティーフ系車両の多くを解体しました。小林ロード、シルクR2-4、ルマンスポルティーフ、、、単車も拘り度数順位を付けて、2004年に購入したガンマ200を売却。C200も維持難易度に負けて譲渡、グース250はレストア断念で譲渡となりました。

 で、減っても、、、、やはり欲しいものが出てきます。

 次期愛車候補として、やはり忘れられない存在。それは、モトグッツィです。モトグッツィの魅力は縦置き、空冷、OHVというメカニズムの構成です。我が家のCXは縦置きクランクの水冷、BT1100は空冷Vツインだけど横置き、、、微妙に好みから外れています。

 グッツィに限らず、手元に置きたいモデルというのは、シリーズのファイナルエディションというモノです。グッツィの場合、新世代エンジンは1100スポルトから始まりましたが、OHVを踏襲するのはスポルト1200が最終となります。後のスポルト4Vでは、OHC8バルブなので魅力は感じません。この系統なら、ファイナルモデルという捉え方は、スポルト1200となる訳です。
この車両、2011年頃に広島のバルコムで一度見掛けたことがありますが、直ぐに売れてなくなりました。それ以来、出会うことは無しです。グッツィというと、その維持は大丈夫か?という事になりますが、今時点で購入に到らないのは、やはり維持に懸念が残ったからです。
 妥協するなら、1100のブレバですが、これも見付ける事は出来ませんでした。スモールグッツィならV7シリーズがありますが、マイナーチェンジが繰り返され、近年ではV9シリーズが登場ということで、自身の願いのファイナルモデルという事にはなりません。購入後に更に希望のモデルが登場?なんて事も起こりそうです。

 単車買うなら、、、、希望の系統のファイナルモデル、、、これに限ります。
 因みに、グッツィ探しを探す前には、ヤマハのMT−01とBT1100を候補にして、最終的にBTを購入しましたが、BTのパーツの入手性も非常に厳しいです。固有パーツの場合は、入手可否自体が怪しく、汎用消耗品(電球等)は納期自体が怪しいところです。このパーツの調達性の厳しさから、やはり、どうせ苦労するなら大好きなモデルで苦労した方が良いか?と想った次第です。

 と言う事で、現状、一番欲しいのモトグッツィのスポルト1200ですね。

◎実際に今(2016/10時点)買うとすると、

1.モトグッチ・1200スポルト

 中坊時代にGLに興味を持って、オールカタログを見た中でMOTO GUZZI 850ルマンというオートバイも憧れを持って見ていた。これは、究極の夢であるが、なかなか縁がなさそう。でも、いつかは欲しい。なんといっても存在自体が個性であるOHV縦置きクランクのスポーツバイクで唯一無二の存在と思う。GL系エンジン程の凝った構造ではないが、メカ的には縦置きクランク、不等間隔爆発ツインというのがツーリングスポーツとして一番好みである。この系統の縦置きVツインのオートバイは大変利に適った構造だと思うのだが、国産現行モデルでは存在しないのが寂しい。古くはライラックのVツイン何かも好きである。今乗っているCXが現役を引退したら、これしかないと思う。手近な所で入手可能ならば、SV650Sの買い換えとしてでも入手したい。特に、空冷OHVのグッチ最終モデルである。以後のモデルには関心が湧かないので出来るだけ早く入手したい。おそらくバイクライフで最後に選ぶ単車になると思う。買うとしたら50歳を過ぎてからかも。これは、中学時代からの夢、憧れであるが、現実には遠い存在に思える。今の段階では、性格的に外車と付き合うことが出来ないような気がする。

◯チョット興味がある、乗ってみたい

2.HONDA DREAM50

 本当はCR110が欲しいけど、現実的でない。W1に対するW650のような存在で、生い立ちはあまり好きではないが、メカニズム自体が世界最小のDOHC4Valvesエンジンというのがそそる。50ccには拘らないので、TAKEGAWAの84.5ccキットあたりで排気量アップして、カム、キャブ、マフラー、リミッターカットで結構楽しめると思う。絶対的な力も今持っているC200よりは走るだろうし、新しいので長距離も気兼ねがないのが良い。DREAM50は、維持費的にも楽だし、置き場の制約も少なく、もしかしたら今のAV50、C200を嫁に出せば置き場の問題もOKである。そのように考えると、実は入手可能性が最も高いマシンかもしれない。買ったときの状態をイメージすると、ガレージ奥側にガンマ二台にグースとCX,ガレージ手前にAR兄弟とドリーム50だと綺麗に収まったりする。SV650Sなんかの場合は、2005年に買うとするとCX-EURO、ガンマと車検が同じ年に重なる点が気がかりであり、SV650Sを買ったとしてもガンマ、CXを売ることは考えられない。実際にSVを買ったとすると、AV50、C200を除去して倉庫を移動して雨の降り込みを防ぐ工事も必要である。現実問題として、状況から判断すると、実際に買うモデルはドリーム50がSV650Sを先行するかもしれない。今のガンマとGLの関係を、この系統とマグナムで実現できるのも良い。ドリーム50なら、出来ればスペシャルエディションの赤いのが欲しい。生産台数が少ないのもレアで好みだ。精密機械のようなキャラクターが物欲をそそる。

[戻る]