Kawasaki AV50(最速伝説カワサキ最小4サイクルマシン、国産初4stアメリカンレジャーバイク)

 1982年に生産が始まった、最小カワサキ4サイクル車。カワサキレジャーバイクの歴史では、以前にKV75というモンキールックの2stバイクと、YAMAHA GT50ミニトレ似のKM90というオフロードルックのものがあったが、4サイクルはAVが初だったと思う。レジャーバイクスタイルはそれまで、各社ともモンキー似、ミニトレ似しかなかったと思うが、AVは思いっきりアメリカン、それも70年代後半に流行したZ-LTDのデザインを範とした古いアメリカンルックである。SUZUKI OR50マメタンもあったが、あれはレジャーバイクとしては大きすぎる。4stアメリカンスタイルレジャーバイクとしては国産初だったと思う。最近はジャズ、マグナといった新世代アメリカンが注目だけど、これらと比べると何か少し違う古くさいアメリカンがAV50である。口の悪い友人はこのAVをアダビー50と呼ぶ。

 形は古くさく、エンジンはホンダのモンキー、カブ系に酷似している4スト50cc前傾エンジンを搭載。でも、エンジン以外の作り込みは結構凝ったデザイン、構造も持っていたりする。最初に目を引くのは、他に流用されていない、AV50オンリーの前14インチ、後10インチのいっちょまえのキャストホイール。これに、懐かしのTT100を履いたよく判らない構成。殆ど使うことのないシートの前後3段階スライド機構、昔のアメリカン定番のティアドロップタンクにプルバックハンドル、エンブレム類は最近見なくなった立体エンブレム、ダミーのメッキエアークリーナカバーに昔風のメガホンマフラー、ポジションランプ別体の縦2連式ヘッドライト等々と無意味にスタイリッシュ。

 こんなAV50ではあるが、モンキー系に比較するとエンジンをどうこうする部品が無いせいもあるが、全く改造する気を起こさせない雰囲気があり、燃費もずば抜けて良い(50km/l以上)事も併せると財布に優しい長所も持つ。走りの性能を語るべくもないが、モンキーとノーマル同士で比較すると確実に出だしで置いて行かれる。でも、45km/h位からはAV50の高速ののびの良さかどうか知らないが、じわじわと差を詰め、最高速(60km/h)付近では抜くことが出来る。下り坂ではアップハンドルの間にヘルメットを埋め、思いっきり伏せて90km/h位は出る。ただ、下り坂がエンジンを回しているかの状態になるので無理は禁物である。AVも大きく分けて前期、後期とあり、確かカラーリングの他にもキャブレターの径なども変わっていたと思う。今持っているのは後期のもので、前期物は昭和57年頃乗った記憶があるが、後期物よりパワフルだったと思う。急激なクラッチ操作で前輪が飛び出した記憶だけは残っている。で、前期型エンジンが少し欲しい。

 乗り心地はふわふわして酔いそうなくらいに柔らかい乗車感覚で、のんびり一台でうろつくには良いが、出だしが悪いため、市内の発進停止の多いところではストレスがたまりまくる。真骨頂は、住宅街の路地をトコトコ走ることで、日頃は気付かない道路の段差や道沿いで飼われた犬の表情迄事細かく気付く。あまり取り柄のあるバイクではないが、なぜか手放せない。掃除する気もあまり起こらず小汚いが、それはそれで良いような気がする。

 改造としては、モンキー用のミニZ2風の外装を取り付けたら、本物カワサキ製のミニチュアZ2が出来そうなのでいいかなとも思うが、実際はそんなことに資金投入することなんて絶対無いと思う。現実にはリアキャリアにママチャリ用のかごを取り付けて、ガレージ内では雑巾入れとして活躍中である。活動範囲もガレージ外では住んでいる町内移動のみで、道幅2m以下の路地走行によく使われている程度である。こんな私、実はメーカーとしては♂カワサキファンであり、最速マシンイメージの強い、カワサキ異端の最遅マシンの系譜であるZ200を越える、究極のお笑い、のんびり、最小、最遅4stマシンのAV50は絶対手放せない。

 今考えているのは、この激遅AVのパワーアップである。最も安易なのは、MAX100から部品を移植することである。電気系統も6Vで共通なので、わりと簡単に出来そうである。最近登場したKSR110辺りのエンジン、電装が入手できれば、一気に12V仕様にも出来そうだけど、KSR110自体を入手したら、乗り換える方が手間がない。エンジン+電装が入手できたらGPV110Rを作りたい。エンジン単体を入手したら、暇見て組み替えて、110cc仕様で4速リターンマニュアルクラッチ仕様のAV50を作りたい。そんな、2004年の初夢を見ている状態である。だれかKSR110の事故車辺りを安く譲ってくれないものだろうか?な〜んて。

AV50に乗っているよく分からないポイントは

1.カワサキ好きで当時カワサキ車両を持っていなかったため。

2.カワサキ製で最も遅いため。遅さもある意味楽しい。

3.何となく手放せなくなっているため?下駄代わりに重宝している。

ホームに戻る] [前に戻る