★これまで乗ってきた印象深い単車達★

 これまで経験した単車の中で思い出深いものである。傾向としては、今の愛車に辿り着く思想の起点、ルーツのようなものが印象深く残っている。過去の単車選び、今の愛車達、将来の候補は何れも似たような組み合わせである。選んだ単車は2stスポーツモデルと4stシングル、ツインスポーツで、嗜好に変化は無い。マルチエンジン車も良いとは思うが、何故か自分とは馴染めない感覚である。自分の過去の愛車達で懐かしいという感覚を持つ人は、おそらく同世代だろう。

◎主に学生時代(10代後半から20代前半)に影響を受けたのは、

1.Kawasaki AR80

 コーク・バリントン、アントン・マンクらがGPタイトルを連取していた頃のカワサキワークスレーサーKR250/350を彷彿させるフォルム、カンパニョーロ風ゴールドキャストホイール、セパハン、レーシーなチャンバー風マフラー、リアのモノショック(ユニトラック)、カワサキワークスカラーをダイレクトに表現したライムグリーン等それまでの原付とは一線を画していた。特に燃料タンクの形は、それまで見たこともないレーシーな形状が新鮮で印象に残る。最初は幼なじみがAR50を先に買って、凄く羨ましかった記憶が鮮明に蘇る。実際にAR80を手に入れると、小粒だけど100km/h迄は俊敏でキビキビしていた。2st空冷80ccでは、それまでGR80に乗っていたが、ARの走りは別物であった。近くの峠道でもその気になれる操縦性、エンジンパワーも特に低速域からのダッシュは強烈な印象がある。このクラスで軽量、コンパクト、ハイパワーを実現した最初の1台と思う。エンジン音も独特で、ARとすぐわかるのが良かった。スピード違反、整備不良で捕まることが多かったが、それ以外に悪い思い出は無い。今のMagnum80の原点、ルーツである。

 

2.HONDA CB125JX

 実用目的でCB125Tの買い換え目的に遠方(奈良県)の前ユーザーから雑誌の個人売買で手に入れて、自走して持って帰った。形的には前期6V仕様が良いが、フレーム、電装等から敢えて最終12V仕様を入手した。購入後直ちに175ccにボアアップ、Z200のキャブレターで、装着可能な最も高いギア比にしても激しいウイリーマシンになった。遊べる小型車No.1だと思う。CB125Tより低燃費で全然速かった。実用目的の買い換えは、Spacy80、FreeWay250、AddressV100等を経て、実用車として現在のC200に変遷してきたが、単気筒エンジンのレスポンスに目覚めるきっかけとなった1台でもある。それまで、Z200、Z250FS、CB250RSZ改400等を乗り継いできて、単気筒=鼓動を楽しむのんびりバイクと思っていたが、CB125JX以降は単気筒への期待は、鼓動感より弾けるようなレスポンス重視で、後にFTR250、CBX250S、CS250を経て現在のGOOSE250に至る。エンジンはCS250が最もパワフルで、レスポンスはFTR250が良かった。特にFTRはPJキャブレター装備とレスポンス重視のキャラクターが良かった。単気筒はぶち回せるものと、トルク重視のものと2種類を体験したが、個人的は、GOOSEのようにぶち回せる方が好みである。400以上の単気筒(SRX400/600、GB400/500、SR400/500)がもう少し高回転でストレス、振動?が無ければ良い。250単気筒に昔は多くあったスポーツシングルが好きだ。このCB125JX改175は今のC200とGOOSEのルーツである。

 

3.YAMAHA RZシリーズ

 他にはRD400SP、RD250も面白かった。ただ、クラッチの弱さが致命的。冷却水がミッションケースに漏れ漏れになったり、YPVSの左右連結部から排気漏れを頻繁に起こすのも良くなかったが、いろんな経験をさせてくれたRZ350Rは特に思い出に残る。この跡継ぎのTZR(1KT)は、RZに比べて全てに洗練されていたが、どうも馴染めなかった。やはり、この系統ではRZか、なんといっても走りに夢中になっていた時代に過ごした1台である。RZ自体のパワーは最近の単車に比較すると、大したこと無いが、前輪への荷重が小さかったためか、フロントがポンポンと浮くのはじゃじゃ馬的で楽しかった。今となっては、ノーマルチャンバーではゴムを弾くような音色の独特な排気音が懐かしい。RZ以前は2stはマフラーがよく詰まり、良い印象が無かったが、この後、2st大好きになり、2stスポーツとしては現在のγへ至るルーツとなっている。

 

4.HONDA SUPERHAWKV CB400D

 メカノイズは少なく、独特の排気音が気に入っていた。それまで乗っていたFX400、GSX400FSより街中、峠では速かった。装備的にも豪華な足周りとブレーキが印象的だった。後に買ったGSX400Eの方が速かったが、音と格好はCBの方が好きだったし、実際の加速感は当時最新のGPZ400Rなどよりも活発に感じた。ツインエンジン車は他にも色々乗ったけど、こいつは派手な事故で廃車になって、全然飽きる前で、未だ乗り続けたかったのが、印象深い。どうこう言っても、結局ツインエンジンの走りが本当に好きになるきっかけとなった1台で忘れられない。これが、多分、今のCX改に続く。ただ、ツインでもZ250FT、GPZ250系の空冷2気筒はクランク廻りが脆弱で2台とも同じように砕けた経験から嫌いである。カワサキ系ツインなら友人が乗っていたEN400、GPZ400/500Sのエンジンが音はガサツながら強力な走りだったと思う。

 

5.HONDA NS400R、YAMAHA RZV500R

 γとの比較のために、2台をほぼ同時期に入手したが、あまり速くなく2ヶ月程度で売却。RZ350Rからγに乗り換えたとき程の感動が得られなかったのが原因である。ただ、低速域のトルク感はNSが一番か?RZVは音と振動がγより大きく、気分は高まりやすかった。コレクション的には独創のメカニズムで売らなきゃ良かったが、CX-GL系購入資金に充てて後悔は無い。RZVは前後バンクの吸気方式の違いが、NSはメッキシリンダーと250そっくりの外観が自分的にネックであった。所有したことは無いが、同僚が乗っていたTZR250(後方排気)もピーキーかつ独特な雰囲気が好きである。

 

[戻る]